兀突骨の「火はちょっと勘弁。だって生だから」
鳥戈国の王・兀突骨は、孔明の奸計にかかり火ダルマにされたが、持ち前の南蛮パワーを発揮し、九死に一生を得た、もしくはそのような夢を見た。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫌な補正(オカルト)

キャリフォルニア25日目


サイド4作戦も半分くらいが経過。昨日の20時にNPC編成アップ。宇宙では、エリートがへの字になり、格闘が3枚になりました。これまでは、格闘壁の攻撃力がとても頼りになりましたが、こっからはちょっとあたりにくくなってきたゾ、という感じです。構成は、ジムとか先ジム宇宙とLA。LAが強狙いで距離2なのがいやらしい感じ。


ランキングはハイランク1位。結構PC戦が多いと言う感じ。低修理値で効率重視なんでしょうか。LAとか壁にしているのが多いみたいですが、ちょろすぎますね。地上で専陸ガン相手にしているほうがずっと辛い。


そろそろ、嫌な雲が立ち込めてきているんです。


いるんです。


1位を突っ走っていて、2位とは1200点差がついています。順調なんですが、とても嫌な感じです。そろそろ出てきましたよ。顔つきのNPCの乱入が。エリート戦で顔つきが出てきて負け。その5戦後に、また顔つきが出てきた。熟練の時だったので今度は何とか勝てたけど、VPはショボショボ点数。


もうこうなってくると、いつ顔つきが出てくるか心配で心配でしょうがない。戦闘が始まると、右上に何か居るんじゃないかと、あわててミニMAPを確認する。もう何らかの恐怖症みたいなもんです。あーあ。何でこんな補正みたいなのがかかるんだろう。そんなものはオカルトなんだオカルトなんだ、と思っても、思い込めない。


第一作戦: トップに立つも、終盤に負けが込み始めて2位で終了。終わるのがあとちょっと早ければ1位だった。


第二作戦: 早めにトップに立つも、色んな嫌なことが起きて、4位まで転落。終盤持ち直すも、時すでに遅し。


第三作戦: 早めにトップに立ち、2位以下には1200点差をつけ、結構な独走状態だと思うんだけど、嫌な空気が漂う。どうなるのかとても不安。


ここまで毎作戦、確実にトップに絡んだ、とてもいいVP成績を取っていると思うのだけれども、結果はいまいち納得がいかないものばかり。自分の戦術や育成がダメなのを、偶然のせいにしていると思われてもしょうがないけれども、トップに立ってから、何も変えなくても起きる。何も変えないからいけないのだ、というのは当てはまらない。だって、ぶっちぎりのトップに立てているのだから、戦術その他は間違っていないはず。周りが良い編成、戦術を組んで、以前の自分よりも多いVPを稼いでいるのならば、自分の力不足だと思うこともできるが、明らかに自分の稼ぎが落ちて、周りに吸収されていく。これはいったい何なんだろうか。


本当に、そういうような補正がかけられているとすると、何のためにかけるんだろう。ランキングの上下を増やしてスリリングにするためか?よくわからんけども、本当にあるんだとしたら、とても嫌な補正です。


小島よしおがタキシードを着て、正統派のしゃべくり漫談をするくらい嫌だ。




スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

南蛮人口

プロフィール

プリプリマン(悪魔超人)

Author:プリプリマン(悪魔超人)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。