兀突骨の「火はちょっと勘弁。だって生だから」
鳥戈国の王・兀突骨は、孔明の奸計にかかり火ダルマにされたが、持ち前の南蛮パワーを発揮し、九死に一生を得た、もしくはそのような夢を見た。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最強の51歳(ビリー)に挑む海パン一丁(小島義雄)

キャリフォルニア4日目


あれからうっかりミスは無かったと思う。3~5位あたり。上も下も差はそれほどなく、ここでのポカは命取りになりますかね。最初は搭載数と金に物を言わせて上位で踏ん張ります。修理値増もお構いなし。その後、4日目あたりに修理値を減らすんですが、この時期、専マゼラよりも優秀な地上射撃機はないので、仕方なく旧ザクとかにしますが、パフォーマンスのダウンは否めないところです。せめて旧ザク☆が欲しい。5日目には前線アタックです。前回はランキングダウンもせずに良いアタックができたと思います。あのアタックが、終盤までランキング上位に居られたことにつながっているのかどうかは定かではありませんが、常に一番早くレベルアップできていたことにはつながっていたでしょう。前線アタック失敗しても、常に一番早くレベルアップはしていますが。


前線アタックは、オトコのロマンです。嘘です。今クールのエリートの強さを測るためにやります。エリートの強さというか、自分の部隊との力関係ですかね。毎クール、ちょこちょこと変えながら、色々試しながら部隊を作っていってますから、エリートの強さを基準にすればよいのですが、このエリートもクールによって強さが違うおそれがあります。なので、絶対的な基準にはならないので、相対的に強さを測るという寸法です。さて、今クールはどうでしょうか。

あの最強の51歳ビリー・ブランクスが来日していたそうですね。夜中、CSでザッピングをしていると、必ず1つ2つのチャンネルで宣伝しているという、凄まじい加熱ぶりです。あの宣伝の中で、やけにフレンドリーにムービングをティーチングしてる黄色いパンツを穿いた女性が居ますが、あれ、ビリーの娘さん(シェリー)だそうです。なんだかすっきしたような、余計にもやもやした感じです。


ビリーとシェリーがラジオ出演したそうですが、なんとその番組中に小島義雄が乱入!「でもそんなの関係ねえ!」→「オッパッピー!」を連発し、挙句の果てにはビリーにオッパッピーを強要したそうです。シェリーにも。シェリーには海パンを褒められたらしい。そしていつものお約束の「オッパッピーってなに?」に対して、何で知らないんだという顔で「オーシャン・パシフィック・ピース」と答えたところ、綺麗にスルーされたようです。きっと発音が悪くてネイティブには聞き取れなかったのでしょう。


小島義雄参上!
小島義雄乱入

ビリーがあのポーズで出迎え!奥にはシェリーも居る。


割れてるよ~
割れてるよ~

割れてる。確かに割れてる。


一昔前なら、レイザーラモン住谷君かキンニ君が呼ばれているんでしょうね。小島義雄もあのレベルくらいにはなるんでしょうか。カテゴリー的には同じですが、ネタが違うので、扱いは異なるような気がしますけどね!僕的にはエガちゃんを目指して欲しいよ!


スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/06/26 23:39】 | #[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

南蛮人口

プロフィール

プリプリマン(悪魔超人)

Author:プリプリマン(悪魔超人)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。